リピトール

1 1 1 1 1 4.5
  • リピトールの商品画像01
  • リピトールの商品画像01
メーカー:Pfizer Inc. 発送国:シンガポール
リピトールの特徴
アセチルCoAの働きを阻害することでコレステロール値を低下させる医薬品です。

成分 アトルバスタチンカルシウム
効果 高コレステロール血症及び家族性高コレステロール血症の改善
副作用 発疹、発赤、そう痒症、肝臓機能障害、皮膚乾燥等
服用方法 1日1回10mgを服用

初回購入で500ptプレゼント

販売価格

リピトール 40mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
40mg
30錠
4,000円
3,540
1錠あたり
(118円)
106pt
カゴに入れる
獲得pt:106pt
40mg
60錠
8,000円
6,720
1錠あたり
(112円)
201pt
カゴに入れる
獲得pt:201pt
リピトール 20mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
20mg
30錠
3,500円
3,120
1錠あたり
(104円)
93pt
カゴに入れる
獲得pt:93pt
20mg
60錠
7,000円
5,940
1錠あたり
(99円)
178pt
カゴに入れる
獲得pt:178pt
リピトール 10mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
10mg
30錠
3,000円
2,670
1錠あたり
(89円)
80pt
カゴに入れる
獲得pt:80pt
10mg
60錠
6,000円
5,100
1錠あたり
(85円)
153pt
カゴに入れる
獲得pt:153pt
メーカー:Pfizer Inc. 発送国:シンガポール
リピトールの特徴
アセチルCoAの働きを阻害することでコレステロール値を低下させる医薬品です。

成分 アトルバスタチンカルシウム
効果 高コレステロール血症及び家族性高コレステロール血症の改善
副作用 発疹、発赤、そう痒症、肝臓機能障害、皮膚乾燥等
服用方法 1日1回10mgを服用

リピトールの商品詳細

リピトールは、ファイザー社(Pfizer Inc.)が開発した血液中のコレステロール値を低下させる医薬品です。コレステロールは、体外から摂取した糖質や脂質、タンパク質等が分解されることでできるアセチルCoAという物質の働きで生成されます。血液中のコレステロールが過剰に増加すると、高コレステロール血症や脂質異常症の発症へと繋がりますが、それらはほとんどの場合で自覚症状がないので注意が必要です。気付かぬうちに動脈硬化が進行し、やがて狭心症、心筋梗塞といった命にかかわる疾患を引き起こす原因となります。リピトールの有効成分アトルバスタチンカルシウムには、アセチルCoAの働きを阻害する作用がある為、肝臓におけるコレステロールの合成を抑制することが可能です。過去に狭心症や心筋梗塞等を発症した経験のある方や、健康診断でコレステロール値について注意を受けた方に、リピトールをオススメします。

参考サイトについて

公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
医療医薬品:アトルバスタチンカルシウム

使用方法

リピトールは、症状によって服用量が異なります。
・高コレステロール血症
1日1回10mgをたっぷりの水または、ぬるま湯と共に服用して下さい。重症の場合は最大で1日20mgまで服用可能です。
・家族性高コレステロール血症
1日1回10mgをたっぷりの水または、ぬるま湯と共に服用して下さい。重症の場合は最大で1日40mgまで服用可能です。

薬のデリバリーでは、10mg、20mg、40mgの製品を取り扱っておりますので、必要に応じてピルカッター等を利用し錠剤を分割しましょう。食事の影響を受けにくい医薬品の為、服用する時間帯に指定はありませんが、なるべく毎日決まった時間に服用することをオススメします。

効果・副作用

リピトールの有効成分アトルバスタチンカルシウムが、コレステロールの生成に関わるアセチルCoAという物質の働きを阻害します。高コレステロール血症及び家族性高コレステロール血症の改善に効果的です。

主な副作用として、発疹、発赤、そう痒症、肝臓機能障害、皮膚乾燥、筋骨格系障害、消化器障害、めまい、頭痛等が報告されています。重篤なものでは、ミオパチーや横紋筋融解症、免疫介在性壊死性ミオパチー、黄疸、肝炎、アナフィラキシーショック、無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症、皮膚粘膜眼症候群等が報告されていますが、頻度は分かっていません。これらの他にも、身体に異常を感じた場合は直ちに服用を中止し、医療機関を受診して下さい。
  • リピトールの使用上の注意点

    リピトールは、スタチン系製剤の中でも効果の強い医薬品です。持病や常用している医薬品等がある方は事前に医師または、薬剤師へご相談下さい。上限を超えた過剰な摂取は、思わぬ副作用を引き起こす原因となります。必ず用法・用量を守りましょう。グレープフルーツを含む食品や飲料を併用すると、相互作用により副作用のリスクが高まる恐れがありますのでご注意下さい。

    以下に該当する方は服用できません。
    ・配合されている成分にアレルギーをお持ちの方
    ・肝機能障害をお持ちの方または、その既往歴のある方
    ・妊娠中の方または、妊娠の可能性のある方
    ・授乳中の方

    以下に該当する方の服用には注意が必要です。事前にかかりつけの医師へ相談しましょう。
    ・腎機能障害をお持ちの方または、その既往歴のある方
    ・アルコール中毒の方
    ・糖尿病をお持ちの方
    ・甲状腺機能低下症の方
    ・遺伝性または、薬剤性の筋疾患をお持ちの方
    ・高齢者の方
  • 併用禁忌

    リピトールと以下の薬剤との併用はできません。
    ・グレカプレビル
    ・ピブレンタスビル

    併用注意薬


    以下の薬剤と併用する際は注意が必要です。
    ・フィブラート系薬剤
    ・ニコチン酸製剤
    ・エリスロマイシン
    ・グラゾプレビル
    ・レテルモビル
    ・エファビレンツ
    ・リファンピシン
    ・ベキサロテン
    ・陰イオン交換樹脂
    ・免疫抑制剤
    ・アゾール系抗真菌薬
    ・クラリスロマイシン
    ・HIVプロテアーゼ阻害剤
    ・経口避妊薬
    ・ジゴキシン

    参考サイトについて


    薬のデリバリーでは公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
    Wikipedia:アトルバスタチン
  • 保管方法

    ・高温、多湿、直射日光の当たる場所を避けて保管して下さい。
    ・小さいお子様やペット等の届かない安全な場所で保管をして下さい。
    ・記載の利用期限を過ぎた場合は使用を避けて下さい。
    ・分割した際は外気に触れないように保管し、早めに服用するようにして下さい。
  • 有効成分

    アトルバスタチンカルシウム

内容量

30錠

リピトール購入者の口コミ・レビュー

  • ★★★★★
    大魔王さん(51歳)男性
    やはり中年になると色々と問題がでてきますね。やや高いと感じますが、将来の自分への投資と思って飲み続けます。次の診断結果がどう変わるか楽しみです。
  • ★★★★
    匿名さん(43歳)男性
    コレステロール値が徐々に徐々に下がっていきます。前までは極度の肥満でコレステロール値がやばくて、このままじゃ心筋梗塞になるぞって医者に脅されてました。ただ、これを飲むようになってからは健康診断の数値が年々改善されています。特に運動や食事制限等は行っていませんが、それでも数値が改善されて体系も少しだけスリムになったような気がして嬉しいです。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つ為、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにの上、口コミ・レビュー投稿をして下さい。

目次


購入する

ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他