プレドニゾロン

  • プレドニゾロンの商品画像01
  • プレドニゾロンの商品画像01
メーカー:Aspen Pharmacare 発送国:シンガポール・香港
プレドニゾロンの特徴
炎症反応やアレルギー疾患、自己免疫疾患等、様々な用途で使用されるステロイド薬です。

成分 プレドニゾロン
効果 各種炎症反応、アレルギー疾患、自己免疫疾患等を伴う症状の改善
副作用 消化不良、下痢、吐き気、不眠、発疹等
服用方法 5mgから60mgを1日1回から4回に分けて服用 ※年齢や症状によって異なります。

初回購入で500ptプレゼント

販売価格

プレドニゾロン 25mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
25mg
30錠
2,000円
1,900
1錠あたり
(63円)
57pt
カゴに入れる
獲得pt:57pt
25mg
90錠
6,000円
5,130
1錠あたり
(57円)
153pt
カゴに入れる
獲得pt:153pt
プレドニゾロン 5mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
5mg
60錠
1,800円
1,710
1錠あたり
(28円)
51pt
カゴに入れる
獲得pt:51pt
5mg
180錠
5,400円
4,620
1錠あたり
(25円)
138pt
カゴに入れる
獲得pt:138pt
プレドニゾロン 1mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
1mg
100錠
1,550円
1,480
1錠あたり
(14円)
44pt 売り切れ
1mg
300錠
3,980円
3,300
1錠あたり
(11円)
99pt 売り切れ
メーカー:Aspen Pharmacare 発送国:シンガポール・香港
プレドニゾロンの特徴
炎症反応やアレルギー疾患、自己免疫疾患等、様々な用途で使用されるステロイド薬です。

成分 プレドニゾロン
効果 各種炎症反応、アレルギー疾患、自己免疫疾患等を伴う症状の改善
副作用 消化不良、下痢、吐き気、不眠、発疹等
服用方法 5mgから60mgを1日1回から4回に分けて服用 ※年齢や症状によって異なります。

プレドニゾロンの商品詳細

プレドニゾロンは、Aspen Pharmacare社が製造を手掛けるステロイド薬です。パナフコルテロンの名前で取り扱われることもあります。ステロイド(合成副腎皮質ホルモン)の一種である有効成分プレドニゾロンは、抗炎症作用や免疫抑制作用等を含んでおり、医療現場において非常に幅広い場面で使用されている優秀な成分です。例えば炎症を伴う疾患の治療については、その種類や原因を限定せず炎症反応であればほぼ全ての症状に対して有効に作用します。また、過剰な免疫反応を抑制することから、悪性リンパ腫やアレルギー性疾患、自己免疫疾患、移植片拒絶反応といった症状の改善にも効果的です。プレドニゾロンは日本で初めて正式に導入されたステロイド薬であり、長い歴史の中で他にも挙げればきりがないほど多くの疾患の治療に用いられてきました。正しい知識を身に付け備えていれば、いざという時にご自身やご家族の健康を守ってくれる心強い存在となるでしょう。

参考サイトについて

公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
医療医薬品:プレドニゾロン

使用方法

プレドニゾロンは通常、5mgから60mgを1日1回から4回に分けて服用します。悪性リンパ腫に用いる場合は、抗悪性腫瘍剤と併用し、1日量として100mg/㎡(体表面積)まで服用可能です。川崎病の急性期に用いる場合は、2mg/Kg(最大60mg)を1日3回に分けて服用しましょう。年齢や体重、症状等によって服用量が異なりますので、事前に医師の診断を受けることをオススメします。上限量を超えた摂取は、命にかかわる重大な副作用を引き起こす恐れがありますのでお控え下さい。

効果・副作用

有効成分プレドニゾロンが様々な疾患の原因に作用します。各種炎症反応、アレルギー疾患、自己免疫疾患等を伴う症状の改善に効果的です。その他、痛風、関節リウマチ、悪性リンパ腫、急性白血病、移植片拒絶反応、川崎病の急性期、喘息、心不全、肺結核、脳脊髄炎、慢性肝炎等の改善にも効果が期待できます。

主な副作用として、消化不良、下痢、吐き気、不眠、発疹、月経異常、頭痛、めまい、関節痛、胃痛、発熱、倦怠感、胸焼け、食欲不振等が報告されています。重篤なものでは、誘発感染症、感染症の悪化、消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血、膵炎、鬱状態、痙攣、骨粗しょう症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパチー、緑内障、後嚢白内障、血栓症、心筋梗塞、脳梗塞、動脈瘤、硬膜外脂肪腫、腱断裂等が報告されていますが、頻度は分かっていません。これらの他にも、身体に異常を感じた場合は直ちに服用を中止し、医療機関を受診して下さい。
  • プレドニゾロンの使用上の注意点

    服用中に水痘または、麻疹に感染すると、致命的な経過を辿る可能性がある為、感染予防を徹底しましょう。感染が疑われる場合は、直ちに医療機関を受診して下さい。急に服用を中止すると離脱症状が現れる恐れがあります。服用を中止する場合は徐々に用量を減らして下さい。生ワクチンの接種によって、ワクチン由来の感染を増強または、持続させる恐れがある為、本剤服用期間中の生ワクチンの接種は避けて下さい。

    以下に該当する方は、プレドニゾロンを服用できません。
    ・配合されている成分にアレルギーをお持ちの方
    ・有効な抗菌剤が存在しない感染症または、全身性真菌症をお持ちの方
    ・消化性潰瘍をお持ちの方
    ・精神病をお持ちの方
    ・結核性疾患をお持ちの方
    ・単純疱疹性角膜炎をお持ちの方
    ・後嚢白内障をお持ちの方
    ・緑内障をお持ちの方
    ・治療によるコントロールのされていない高血圧の方
    ・電解質異常をお持ちの方
    ・血栓症をお持ちの方
    ・最近行った内臓の手術創のある方
    ・急性心筋梗塞の既往歴をお持ちの方

    以下に該当する方の服用には注意が必要です。事前にかかりつけの医師へご相談下さい。
    ・感染症をお持ちの方
    ・糖尿病をお持ちの方
    ・骨粗鬆症の方
    ・腎機能障害をお持ちの方
    ・甲状腺機能低下のある方
    ・肝硬変の方
    ・脂肪肝をお持ちの方
    ・脂肪塞栓症をお持ちの方
    ・重症筋無力症をお持ちの方
    ・高齢者の方
    ・妊娠中の方または、妊娠している可能性のある方
    ・授乳中の方
    ・小児
  • 併用禁忌

    プレドニゾロンと以下の薬剤との併用はできません。
    ・デスモプレシン酢酸塩水和物
    低ナトリウム血症が発現する恐れがあります。

    併用注意薬


    以下の薬剤と併用する際は注意が必要です。
    ・バルビツール酸誘導体
    ・フェニトイン
    ・リファンピシン
    ・サリチル酸誘導体
    ・抗凝血剤
    ・経口糖尿病用剤
    ・インスリン製剤
    ・利尿剤(カリウム保持性利尿剤を除く)
    ・活性型ビタミンD3製剤
    ・シクロスポリン
    ・マクロライド系化合物
    ・非脱分極性筋弛緩剤
    ・キノロン系抗菌剤

    参考サイトについて


    薬のデリバリーでは公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
    Wikipedia:プレドニゾロン
  • 保管方法

    ・高温、多湿、直射日光の当たる場所を避けて保管して下さい。
    ・小さいお子様やペット等の届かない安全な場所で保管をして下さい。
    ・記載の利用期限を過ぎた場合は使用を避けて下さい。
    ・分割した際は外気に触れないように保管し、早めに服用するようにして下さい。
  • 有効成分

    プレドニゾロン

内容量

100錠(1mg) ,60錠(5mg),30錠(25mg)

プレドニゾロン購入者の口コミ・レビュー

  • ★★★★★
    匿名さん(53歳)男性
    30年近く気管支喘息を患っていて、発作が起こった時に飲んでいます。特に夜中に発作が起こりやすいようで、酷いと息ができなくなり救急車を呼ぼうと思ったことが何度もありますが、プレドニゾロンを服用すると治まります。ステロイドは強力で副作用が怖いと聞きますが、喘息と上手く付き合っていく上で私にとって欠かせない薬です。欲しいと思った時に購入できて、自宅まで届けてもらえるのはこのご時世本当に便利です。常備薬として保管しておけるので助かります。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つ為、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにの上、口コミ・レビュー投稿をして下さい。

目次


購入する

ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他