レルパックス

1 1 1 1 1 4.8
  • レルパックスの商品画像01
  • レルパックスの商品画像01
メーカー:Pfizer Inc. 発送国:シンガポール
レルパックスの特徴
片頭痛の原因と考えられている物質の抑制や血管収縮作用によって、片頭痛の症状を緩和させる医薬品です。

成分 エレトリプタン臭化水素酸塩
効果 片頭痛の緩和
副作用 めまい、動悸、眠気、吐き気、異常感覚等
服用方法 片頭痛が起きた際に1回20mg

初回購入で500ptプレゼント

販売価格

レルパックス
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入

3錠
4,100円
3,690
1錠あたり(1,230円)
110pt 売り切れ

15錠
20,500円
13,700
1錠あたり(913円)
411pt 売り切れ

30錠
41,000円
23,500
1錠あたり(783円)
705pt 売り切れ
メーカー:Pfizer Inc. 発送国:シンガポール
レルパックスの特徴
片頭痛の原因と考えられている物質の抑制や血管収縮作用によって、片頭痛の症状を緩和させる医薬品です。

成分 エレトリプタン臭化水素酸塩
効果 片頭痛の緩和
副作用 めまい、動悸、眠気、吐き気、異常感覚等
服用方法 片頭痛が起きた際に1回20mg

レルパックスの商品詳細

レルパックスは、ファイザー社(Pfizer Inc.)が製造・販売している片頭痛の治療薬です。片頭痛は慢性頭痛の一種で、頭の片側または、両側にズキズキと脈を打つような拍動性の痛みが生じます。酷い時には吐き気や嘔吐を伴うこともあり、日常生活に大きな支障をきたすケースもある症状です。片頭痛の詳しいメカニズムは未だ解明されていません。一説では、ストレスや気圧の変化、睡眠不足といった様々な理由から三叉神経が刺激されることで、急激に脳の血管が拡張したり、炎症物質が放出されて周囲に炎症が起こったりする為に、強い痛みを感じると言われています。レルパックスの有効成分エレトリプタン臭化水素酸塩には、炎症を引き起こす物質である神経ペプチド(CGRP)を抑制すると同時に、拡張した血管を収縮させる作用があるので、片頭痛を原因を根本から改善する効果が期待できるのです。更に、レルパックスは従来の片頭痛治療薬に比べて優れた即効性及び持続性を誇っています。必要な時にすぐ効いてくれる屯服薬として常備しておくと安心です。

参考サイトについて

公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
医療医薬品:エレトリプタン臭化水素酸塩

使用方法

頭痛が発現した際に、1回20mgをたっぷりの水または、ぬるま湯と共に服用して下さい。薬のデリバリーでは40mgからの取り扱いとなりますので、服用の際はピルカッター等を利用して錠剤を分割すると良いでしょう。レルパックスは痛みが現れてからすぐに服用すると、より優れた効果を発揮します。効果が不十分な場合は追加で服用することもできますが、必ず前回の服用から2時間以上の間隔を空けて下さい。1日の最大服用量は40mgまでです。上限を超えて服用しても、比例して効果が増幅されるようなことはありません。身体に過剰な負担をかけ、思わぬ症状を引き起こす原因となりますので、用法・用量を守って服用するようにしましょう。

効果・副作用

レルパックスの有効成分エレトリプタン臭化水素酸塩が、神経ペプチドの抑制に加え、拡張した血管を収縮させることで片頭痛の症状を和らげます。

主な副作用として、めまい、動悸、眠気、吐き気、異常感覚、倦怠感、血圧上昇、胸の痛み等が報告されております。重大な副作用としては、アナフィラキシーショック、虚血性心疾患様症状、てんかん様発作、心臓の異常等が報告されていますが、頻度は分かっていません。これらの他にも、身体に異常が現れた際は直ちに服用を中止し、お近くの医療機関を受診して下さい。
  • レルパックスの使用上の注意点

    予防的な用途での服用は控え、頭痛が発現した時のみ服用して下さい。副作用により眠気が引き起こされることがある為、服用後の車の運転や高所作業、機械の操作等は控えましょう。頭痛薬や鎮痛薬の使用過多により、薬剤性頭痛を招く恐れがあります。本剤が全く効かないまたは、症状が悪化するような場合には、追加で服用せずに医療機関へご相談下さい。

    以下に該当する方は、レルパックスを服用できません。
    ・配合されている成分に対してアレルギーをお持ちの方
    ・心筋梗塞の既往歴のある方
    ・虚血性心疾患をお持ちの方または、虚血性心疾患の疑いのある方
    ・異型狭心症(冠動脈攣縮)をお持ちの方
    ・脳血管障害または、一過性脳虚血発作の既往歴のある方
    ・末梢血管障害をお持ちの方
    ・治療によるコントロールのされていない高血圧症をお持ちの方
    ・重度の肝機能障害をお持ちの方

    以下に該当する方の服用には注意が必要です。事前に必ずかかりつけの医者や薬剤師へご相談下さい。
    ・循環器系の病気をお持ちの方
    ・肝臓病や腎臓病の症状のある方
    ・狭心症を起こす可能性のある方
    ・WPW症候群または、他の心臓副伝導路と関連した不整脈をお持ちの方
    ・脳血管障害の可能性のある方
    ・痙攣または、てんかんを起こしやすい器質的脳疾患のある方
    ・妊娠中または、妊娠の可能性のある方
    ・授乳中の方
    ・高齢者の方
    ・小児
  • 併用禁忌

    レルパックスと以下の薬剤との併用はできません。
    ・エルゴタミン系薬剤
    ・エルゴタミン誘導体含有製剤
    ・本錠以外の5-HT1B/1D受容体作動薬
    ・HIVプロテアーゼ阻害剤

    併用注意薬


    以下の薬剤と併用する際は注意が必要です。
    ・マクロライド系抗生物質
    ・イトラコナゾール
    ・ベラパミル
    ・フルボキサミン
    ・パロキセチン
    ・セルトラリン
    ・ミルナシプラン
    ・デュロキセチン
    ・副腎皮質ホルモン剤
    ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬
    ・セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬

    参考サイトについて

    薬のデリバリーでは公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
    Wikipedia:エレトリプタン
  • 保管方法

    ・高温、多湿、直射日光の当たる場所を避けて保管して下さい。
    ・小さいお子様やペット等の届かない安全な場所で保管をして下さい。
    ・記載の利用期限を過ぎた場合は使用を避けて下さい。
    ・分割した際は外気に触れないように保管し、早めに服用するようにして下さい。
  • 有効成分

    エレトリプタン臭化水素酸塩

内容量

3錠

レルパックス購入者の口コミ・レビュー

  • ★★★★★
    Massuuさん(28歳)女性
    ズキンズキンと脈を打つような痛みに耐えられず、ひどい時は吐いてしまうので、頭痛が起きると毎回薬に頼ってしまいます。私の場合ですが特に副作用もなく、痛みがスッと引いていきます。一般の鎮痛薬も効き目がないわけではないですが、片頭痛には片頭痛薬が合っているのかなと思いました。
  • ★★★★
    メルさん(36歳)女性
    偏頭痛持ちである上に、肩こりや首こりから頭痛が起こることもあります。毎月かなりの頻度で頭痛に悩まされていますが、偏頭痛だけを見極めるのが難しい…偏頭痛にはやはりこの薬が効くので、それ以外はロキソニンを服用するようにしています。どちらも病院で診てもらわなくてもネットで購入できるのはありがたいです。
  • ★★★★★
    やすまろさん(42歳)男性
    幼い頃から偏頭痛持ちで辛い思いをしてきました。脳神経外科で処方された薬も効かないことがあり期待を込めて購入しました。 効果に期待したいです。
  • ★★★★★
    匿名さん(29歳)女性
    片頭痛はいつ起こるかわからないので、痛くなった時のために手元に薬があるだけでもかなり安心です。一度頭痛が起きてしまうと横にならずにはいられないので…病院で処方してもらうわけではないので自己責任ではあると思いますが、常備しておけるのは正直助かります。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つ為、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにの上、口コミ・レビュー投稿をして下さい。

目次


購入する

ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他