クロフラニール

  • クロフラニールの商品画像01
  • クロフラニールの商品画像01
メーカー:Sun Pharmaceutical Industries Ltd. 発送国:シンガポール
クロフラニールの特徴
精神状態を落ちるかせる神経伝達物質の濃度を高めるアナフラニールのジェネリック医薬品です。

先発薬 アナフラニール
成分 クロミプラミン塩酸塩
効果 うつ症状、遺尿症、ナルコレプシーに伴う情動脱力発作等の改善
副作用 起立性低血圧、血圧上昇、不整脈、眠気、めまい等
服用方法 1日50mgから100mgを1回から3回に分けて服用 ※年齢や症状によって異なります。

初回購入で500ptプレゼント

販売価格

クロフラニール 50mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
50mg
100錠
5,000円
4,750
1錠あたり
(47円)
142pt
カゴに入れる
獲得pt:142pt
50mg
200錠
10,000円
9,000
1錠あたり
(45円)
270pt
カゴに入れる
獲得pt:270pt
クロフラニール 25mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
25mg
100錠
4,000円
3,800
1錠あたり
(38円)
114pt
カゴに入れる
獲得pt:114pt
25mg
200錠
8,000円
7,200
1錠あたり
(36円)
216pt
カゴに入れる
獲得pt:216pt
クロフラニール 10mg
個数 販売価格
(1錠単価)
ポイント 購入
10mg
100錠
3,000円
2,850
1錠あたり
(28円)
85pt 売り切れ
10mg
200錠
6,000円
5,400
1錠あたり
(27円)
162pt 売り切れ
メーカー:Sun Pharmaceutical Industries Ltd. 発送国:シンガポール
クロフラニールの特徴
精神状態を落ちるかせる神経伝達物質の濃度を高めるアナフラニールのジェネリック医薬品です。

先発薬 アナフラニール
成分 クロミプラミン塩酸塩
効果 うつ症状、遺尿症、ナルコレプシーに伴う情動脱力発作等の改善
副作用 起立性低血圧、血圧上昇、不整脈、眠気、めまい等
服用方法 1日50mgから100mgを1回から3回に分けて服用 ※年齢や症状によって異なります。

クロフラニールの商品詳細

サンファーマ社(Sun Pharmaceutical Industries Ltd.)が製造・販売を手掛けるクロフラニールは、日本国内の医療機関でも正式に処方されている三環系抗うつ剤アナフラニールのジェネリック医薬品です。一般的に、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質を総称してモノアミンと呼びますが、このモノアミンが不足するとうつ症状を始めとした様々な精神疾患が引き起こされます。クロフラニールの有効成分クロミプラミン塩酸塩には、モノアミンが神経細胞へ取り込まれるのを防ぐ作用がある為、脳内におけるモノアミンの濃度を高めることが可能です。精神を落ち着かせる働きを持った神経伝達物質が充満し、うつ症状やナルコレプシー(過眠症)に伴う情動脱力発作等の症状を和らげます。また、クロフラニールは膀胱の収縮を抑制する作用も持ち合わせているので、遺尿症の治療にも効果的です。

参考サイトについて

公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
医療医薬品:クロミプラミン塩酸塩

使用方法

クロフラニールは、年齢や症状により用法・用量が異なります。
・精神科領域におけるうつ病または、うつ状態
1日50mgから100mgを1回から3回に分けて服用して下さい。1日の最大服用量は225mgまでです。

・遺尿症
6歳未満の幼児は1日10mgから25mgを、6歳以上の小児は1日20mgから50mgを1回から2回に分けて服用して下さい。

・ナルコレプシーに伴う情動脱力発作
1日10mgから75mgを1回から3回に分けて服用して下さい。

薬のデリバリーでは10mg、25mg、50mgの製品を取り扱っておりますので、必要に応じてピルカッター等を利用し、錠剤を分割して服用しましょう。用法・用量の詳細は専門の医師や薬剤師へご相談下さい。

効果・副作用

クロフラニールの有効成分クロミプラミン塩酸塩が、モノアミンを神経細胞へと取り込むモノアミントランスポーターの働きを阻害することで、うつ症状やナルコレプシー(過眠症)に伴う情動脱力発作等の症状を改善させます。更に、膀胱の収縮を抑制する作用もある為、遺尿症の症状改善にも効果的です。

主な副作用として、起立性低血圧、血圧上昇、不整脈、眠気、めまい、口渇、動悸、精神錯乱、浮腫、脱毛等が報告されています。重篤なものでは、悪性症候群、セロトニン症候群、てんかん発作、横紋筋融解症、無顆粒球症、麻痺性イレウス、間質性肺炎、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、QT延長、肝機能障害等が報告されていますが、頻度は分かっていません。これらの他にも、身体に異常を感じた場合は直ちに服用を中止し、医療機関を受診して下さい。
  • クロフラニールの使用上の注意点

    うつ症状の方に服用させる場合には、常に服用者の状態や体調の変化を注意深く観察して下さい。専門の医師と連絡を取り合いながらの経過観察が推奨されています。自殺目的での過剰摂取を防ぐ為、1回分の処方日数を最小限に留め、厳重に管理しましょう。離脱症状や反跳現象が現れる恐れがありますので、服用を中止する際は様子を見ながら徐々に服用量を減らして下さい。副作用によりめまいや眠気を引き起こす可能性がある為、服用後の車の運転や機械の操作等の危険作業は控えましょう。

    以下に該当する方は、クロフラニールを服用できません。
    ・配合されている成分にアレルギーをお持ちの方
    ・三環系抗うつ剤に対して過敏症の既往歴のある方
    ・心筋梗塞の回復初期の方
    ・尿閉(前立腺疾患等)をお持ちの方
    ・MAO阻害剤を投与中止後2週間以内の方
    ・QT延長症候群をお持ちの方
    ・閉塞隅角緑内障をお持ちの方
    ・妊娠中の方または、妊娠している可能性のある方
    ・授乳中の方

    以下に該当する方の服用には注意が必要です。事前にかかりつけの医師へ相談しましょう。
    ・開放隅角緑内障をお持ちの方
    ・排尿困難の方
    ・眼内圧亢進をお持ちの方
    ・心疾患をお持ちの方
    ・甲状腺機能亢進症をお持ちの方
    ・痙攣性疾患をお持ちの方または、その既往歴をお持ちの方
    ・躁うつ病の方
    ・脳の器質性障害をお持ちの方
    ・統合失調症を引き起こす素因をお持ちの方
    ・衝動性が高い併存障害をお持ちの方
    ・自殺念慮をお持ちの方
    ・自殺念慮または、自殺企図の既往歴をお持ちの方
    ・副腎髄質腫瘍をお持ちの方
    ・重篤な肝機能障害または、腎機能障害をお持ちの方
    ・低血圧の方
    ・低カリウム血症をお持ちの方
    ・高度な慢性の便秘の方
    ・高齢者の方
    ・小児
  • 併用禁忌

    クロフラニールと以下の薬剤との併用はできません。
    ・MAO阻害剤
    発汗、不穏、全身痙攣、異常高熱、昏睡等が現れる可能性があります。

    併用注意薬


    以下の薬剤と併用する際は注意が必要です。また、これらの他にも併用に注意のいる薬剤が多数指定されている為、必ず事前に確認して下さい。
    ・副交感神経刺激剤
    ・抗コリン作用を持つ薬剤
    ・アドレナリン作動薬
    ・中枢神経抑制剤
    ・抗不安剤
    ・フェノチアジン系精神神経用剤
    ・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)
    ・セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)
    ・リチウム製剤
    ・他の三環系抗うつ剤
    ・抗不整脈剤
    ・降圧剤
    ・インスリン製剤
    ・スルフォニル尿素系糖尿病用剤
    ・クマリン系抗凝血剤

    参考サイトについて

    薬のデリバリーでは公開する情報の正確さを高め、健全かつ安心・安全な医薬品の利用を目的とする為、下記サイトを参考にしています。
    Wikipedia:クロミプラミン塩酸塩
  • 保管方法

    ・高温、多湿、直射日光の当たる場所を避けて保管して下さい。
    ・小さいお子様やペット等の届かない安全な場所で保管をして下さい。
    ・記載の利用期限を過ぎた場合は使用を避けて下さい。
    ・分割した際は外気に触れないように保管し、早めに服用するようにして下さい。
  • 有効成分

    クロミプラミン塩酸塩

内容量

100錠

クロフラニール購入者の口コミ・レビュー

  • ★★★★
    匿名さん(51歳)男性
    これを飲むようになってから夜も安心してぐっすりと眠ることができるようになりました。副作用なのか、ちょっとだけめまいがするようにはなりましたけど、それでも飲まないよりは全然いいです。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つ為、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにの上、口コミ・レビュー投稿をして下さい。

目次


購入する

ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他