ミノキシジル・育毛剤

12件の商品が見つかりました

ミノクソール(ミノキシジル錠)
4.4 (14件)
在庫有り
30錠 ¥1,000~
(1錠/¥31)
AGA治療薬!日本人に相性が良いミノキシジル配合の内服薬です。
ミノキシジルタブレット(ロイドラボラトリーズ)
4.4 (5件)
在庫有り
100錠 ¥3,900~
(1錠/¥24)
高い発毛効果!ミノキシジルタブレットは本格的にAGA治療を行う方にオススメです。
ツゲイン
4.3 (4件)
在庫有り
1本 ¥3,520~
(1本/¥2,100)
低価格で人気!ツゲインは女性も使用できる育毛剤でロゲインと同等の発毛効果を得ることができます。
リグロースラボM15
4.2 (6件)
在庫有り
1本 ¥3,500~
(1本/¥3,500)
高濃度配合!リグロースラボM15は発毛や育毛を促す効果が高い壮年性脱毛症(男性型脱毛症)の治療薬です。
ミノキシジルタブレット(Noxidil)
4 (4件)
在庫有り
100錠 ¥4,200~
(1錠/¥34)
強くコシのある毛髪を育てる!ミノキシジルタブレットは髪の毛そのものの量を増やす効果が期待できるAGA治療薬です。
リグロースラボM5
4.7 (6件)
在庫有り
1本 ¥2,800~
(1本/¥2,400)
リアップと同成分配合!リグロースラボM5は頭皮に優しい育毛剤で既に始まった脱毛の進行防止や発毛促進に効果があります。
カークランド・ミノキシジル(スポイトタイプ)
4 (4件)
在庫有り
1個 ¥3,800~
(1個/¥3,420)
ロゲイン・ジェネリック!外用薬のカークランド・ミノキシジル(スポイトタイプ)はヘアサイクルを整えて発毛や育毛を促進させる効果があります。
ロゲイン(男性用)
4 (2件)
在庫有り
1個 ¥4,280~
(1個/¥4,280)
男性専用のAGA治療薬!ロゲイン は4ヶ月以上継続することで発毛を促進させる効果が実感できます。
ロゲイン(女性用)
4 (1件)
在庫有り
1セット ¥4,280~
(1セット/¥4,280)
女性専用の育毛剤!ロゲインはリアップと同じ有効成分ミノキシジル2%を配合した女性男性型脱毛症(FAGA)に有効な育毛剤です。
ロニタブ
4.4 (5件)
在庫有り
10錠 ¥1,620~
(1錠/¥146)
健康的な髪の毛へ!ロニタブは毛髪の成長に必要な細胞を活性化させる効果や必要な栄養や酵素等を運びやすくする効果があります。
モールエフ
4.3 (3件)
在庫有り
1本 ¥4,500~
(1本/¥3,600)
薄毛を改善!モールエフはロゲインとプロペシアの成分を両方配合した頭皮に塗るタイプの育毛剤です。
カークランド・ミノキシジル(フォームタイプ)【ヤマト便のため郵便局留め不可】
3.8 (4件)
売り切れ
1本 ¥4,280~(1本/¥3,850)
愛用者が多い!外用薬のカークランド・ミノキシジル(フォームタイプ)は壮年性脱毛症や男性型脱毛症による薄毛を改善する効果があります。

ミノキシジル(ミノキシジル配合医薬品)とは?

薬用成分ミノキシジルはAGA治療において欠かせない存在AGA治療において欠かせない存在となったミノキシジルは、1960年代にアメリカのアップジョン社(現・ファイザー社)で開発された薬用成分です。
元々は高血圧の改善に用いられる血管拡張薬として研究されていましたが、臨床実験の段階で被験者に多毛症のような副作用が確認された為、後に脱毛症の治療薬へ転用されることとなりました。
開発当初の内服薬では強い副作用が発症するリスクがありましたが、1980年代にそのリスクを軽減させた外用薬ロゲインが製造されたことにより、安全で確かな効果のある治療薬として波及し現在に至ります。

副作用の危険性を鑑みて、未だミノキシジル配合の内服薬が正式に承認された国はありません。
しかし、患部に直接薬剤を塗布する外用薬であれば、医療機関で処方してもらうことが可能です。
日本でも、1999年に大正製薬からミノキシジル成分1%の発毛剤リアップが一般医薬品(医師からの処方せんがなくとも購入可能な市販薬)として流通されたのをきっかけに、認知度や需要が年々高まっています。
2005年には、女性向けの商品であるリアップレディも製造され、薄毛に悩む多くの人々を救ってきました。
日本皮膚科学会が発表したガイドラインでは、男性型及び女性型脱毛症に対してミノキシジル外用薬の使用が強く推奨されています。

参考:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

ミノキシジルの作用

プロペシアの有効成分フィナステリドはジヒドロテストステロンの生成を抑制するAGAの発症は、男性ホルモンの一種であるテストステロンと、代謝酵素の一種である5αリダクターゼが結合することで生まれるジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが主な原因です。
毛髪にはそれぞれ、ヘアサイクルと呼ばれる誕生から脱毛までの規則的な周期があり、それを繰り返すことで健康な状態を保っています。
ところが、ジヒドロテストステロンが生成されると、髪の毛の元となる毛母細胞を内包している毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクルを乱して成長を阻害してしまうのです。
ミノキシジルには、髪の毛の細胞分裂を活発化させることで発毛を促進する作用があります。
AGAの進行により弱ってしまった髪の毛の成長サイクルを正常化し、再び健康な状態へと近付けることが可能です。
AGAを抑制する他の系統の内服薬と併用すると、より高い治療効果が期待できます。

医薬品としての特徴(ミノキシジル成分5%のAGA治療薬の場合)は以下の通りです。

服用・使用方法 主な副作用/重篤な副作用 併用禁忌薬
内服薬 男性は1日1回1錠(最大で10mgまで)、毎日決まった時間に服用 初期脱毛、発疹、痒み、かぶれ、多毛症、頭痛、めまい、胸痛、動悸、急激な体重増加、浮腫/血圧低下、不整脈等 消炎鎮痛薬、血管拡張薬、血管収縮薬
外用薬 1回1mlを1日2回、清潔な状態の患部へ塗布 初期脱毛、発疹、痒み、かぶれ、頭痛、めまい、胸痛、動悸、急激な体重増加、浮腫等/特になし 他の発毛剤や外用薬

内服薬と外用薬

ミノキシジル配合外用薬が主流市販されている薄毛治療薬の中でも、「ミノキシジル配合」と銘打った商品を見かけた経験のある方は一定数いらっしゃるかと思います。
しかしその場合、目にする商品は外用薬ばかりで、内服薬が並んでいる光景を見たことのある方はいないはずです。
一体何故なのでしょうか?

ミノキシジルを配合した医薬品には、主に内服薬と外用薬の2種類があります。
内服薬は経口摂取することで体内から薬効が発揮されるタイプであり、高い発毛効果が期待できますが、比例して副作用の発症リスクも高い傾向にあるようです。
一方、必要な箇所にのみ集中して薬効を発揮する外用薬は、内服薬よりも効果は多少緩やかですが、副作用のリスクが軽減されています。
これらの違いから、現時点では外用薬のみが正式に承認され、治療薬として主流となっているのです。
日本国内でも、有効成分の濃度が5%以下の外用薬に限り、薬剤師のいる薬局やドラッグストア等での販売・購入が認められています。

入手方法について

ミノキシジル外用薬は市販品・医療機関、内服薬は個人輸入で入手可能ミノキシジルを配合した外用薬については、国内の医療機関で医師から処方してもらうことも、市販品として購入することも可能です。
副作用の心配の少ない医薬品を比較的手軽に入手できるので、頭髪が気になってきたと感じる方が試しに使用してみるのにうってつけと言えるでしょう。
しかし内服薬に関しては、厚生労働省から承認されていないので、薬局やドラッグストア等で購入することはできません。
個人輸入代行サイトでは、国内では流通されていない先発薬やジェネリック医薬品も豊富に取り扱われており、医療機関を受診する手間もかからない為、自己責任の元でご自身に合う治療薬を探すことができます。

参考:厚生労働省「医薬品等の個人輸入について

ミノキシジル配合医薬品

様々な特徴を持ったミノキシジル配合商品薬のデリバリーでは、ミノキシジルを配合した多数の商品をご用意しております。
内服薬ロニテンのジェネリック医薬品で高い発毛効果を誇るミノクソール、3段階の中からご自身の身体に合う成分量を選べるツゲイン、FDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を受けた安全性の高い女性用薄毛治療薬ロゲイン(女性用)、ミノキシジルに加えて別の作用機序を持つ薬用成分も配合したモールエフ、AGAの中でも特に壮年性脱毛症の改善に高い効果を発揮するリグロースラボM15等、様々な特徴を持った商品をお求めやすい価格で提供させていただきますので、お悩みの方はぜひ1度ご相談下さい。
メーカー正規品を即日発送手配でお届けします。


PAGE UP

ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他