ザガーロ・薄毛治療

6件の商品が見つかりました

デュタストロン(ザガーロ・ジェネリック)
4.4 (5件)
在庫有り
30錠 ¥2,700~
(1錠/¥75)
ザガーロジェネリック!デュタストロンはデュタステリドを含有したザガーロのジェネリック医薬品です。
デュタス
3.8 (5件)
在庫有り
30錠 ¥3,150~
(1錠/¥84)
ヘアサイクルを正常化!ザガーロと同じ有効成分を含有したデュタスは、抜け毛や薄毛を予防や発毛を促すAGA治療薬です。
アボダート
4.7 (3件)
在庫有り
30錠 ¥4,500~
(1錠/¥120)
サガーロより安い!AGA(男性型脱毛症)に高い効果があるアボダートは、日本で承認されているサガーロと同成分を含有しています。
デュタボルブ
4.2 (5件)
在庫有り
30錠 ¥3,150~
(1錠/¥84)
ザガーロと同成分!デュタスは、脱毛の原因となる5-α還元酵素の働きを抑制して薄毛を治療します。
デュプロスト
4.8 (4件)
在庫有り
100錠 ¥9,000~
(1錠/¥72)
低価格でオススメ!デュプロストは、ヘアサイクルを健全な状態に戻すことで脱毛の進行抑制や発毛促進に効果があるAGA治療薬です。
ベルトライド
4 (4件)
在庫有り
100錠 ¥9,000~
(1錠/¥72)
高い発毛効果!ベルトライドはプロペシア等で効果を実感できなかった方にオススメしたい治療薬です。

ザガーロとは?

薬用成分ミノキシジルはAGA治療において欠かせない存在ザガーロは、イギリスの製薬会社GSKファーマ社が開発したAGA(男性型脱毛症)治療薬です。
同じくAGA治療薬であるプロペシアに次いで承認された治療薬であり、日本でも2016年の販売開始以降、徐々に注目されるようになってきています。
有効成分のデュタステリドは、世界100ヶ国以上もの国々で取り扱われる前立腺肥大の治療薬にも用いられている成分です。
そのうち日本と韓国ではAGAに対する適応承認も受けており、前立腺肥大治療薬の場合はアボルブ、AGA治療薬の場合はザガーロの商品名で流通しています。
日本皮膚科学会が発表したガイドラインにおいて、デュタステリドが推奨度A(強く推奨する)と定められていることからも、その効果と安全性の高さが窺えます。

参考:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版


有効成分デュタステリドとは?

デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型の5αリダクターゼを阻害してDHTの生成を抑制ザガーロはα還元酵素阻害薬に分類される医薬品です。
5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素の働きを阻害することでAGAの症状を改善へと導きます。
では何故、還元酵素の働きの阻害によって症状が改善できるのでしょうか?

5αリダクターゼは、男性の体内に存在するテストステロンを、ジヒドロテストステロン(DHT)という性ホルモンへと変化させる性質を持っています。
このジヒドロテストステロンが、本来なら2年から6年続くはずの髪の毛の成長期を、数ヶ月から1年にまで短縮させてしまうのです。
その結果、毛髪が十分に育つ前に抜け落ちる、細くなって薄毛が目立つようになる等の症状が現れるようになります。
5αリダクターゼの働きを阻害すると、ジヒドロテストステロンの生成の抑制に繋がりますので、AGAの症状の進行を遅らせることが可能です。
更に、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、プロペシアはこのうちⅡ型にしか作用しませんが、ザガーロは双方に対して強い阻害作用を発揮しますので、より高い治療効果があるとされています。

医薬品としての特徴は以下の通りです。

服用方法 主な副作用/重篤な副作用 併用禁忌薬
1回0.1mgまたは、0.5mgを1日1回服用 発疹、そう痒症、浮腫、頭痛、味覚異常、性機能不全、乳房障害、多毛症、倦怠感等/肝機能障害、黄疸 特になし

発毛剤と育毛剤の違い

発毛剤と育毛剤の違いは「生やす」か「育てる」か発毛剤は、抜け落ちてしまった毛髪が再び正常なサイクルで生えてくるよう促す商品です。
衰弱した毛母細胞を活性化させ、強くて丈夫な髪の毛を作り出す機能をサポートします。
商品の多くは医療用医薬品に分類されている為、成分濃度の低いミノキシジル外用薬以外は、医療機関で処方してもらうか個人輸入で取り寄せなければ入手できません。

一方、育毛剤は、現状で生えてはいるものの弱ってしまっている髪の毛の成長を助ける商品です。
髪の毛や細胞に働きかけるのではなく、頭皮の環境を整える目的で血行を促進させたり保湿を促したりするものが多いです。
ほとんどは医薬部外品に分類されており、効果が緩やかな分、薬剤師のいる薬局やドラッグストア等でも手軽に購入することができます。


ザガーロは女性でも服用できる?

ザガーロを女性が服用することはできないザガーロはAGAのみに適応した男性専用の治療薬であり、安全性が確立されていない為、女性は服用することができません。
特に妊娠中の方や妊娠している可能性のある方、授乳中の方の服用は厳禁です。
男児を妊娠中にザガーロを摂取した場合、有効成分デュタステリドの作用によって、男性生殖器官等の発育に悪影響を及ぼす恐れがあります。
授乳中も同様に、男児の生殖器官の発育に異常が現れる場合がありますので服用しないで下さい。

局所的に作用する外用薬と比べて、身体全体に薬効が広がる内服薬副作用のリスクが高い傾向にあります。
指定された用法・用量を守らずに服用すると大変危険ですので注意しましょう。
女性で薄毛や脱毛等が気になる方には、低用量で使いやすいミノキシジル配合医薬品ツゲインロゲイン(女性用)等がオススメです。


他の医薬品との違い

現在流通しているAGA治療薬の中で、特に有名なのはプロペシア、ザガーロ、ロテニン(ミノキシジル)の3種類です。
ザガーロとプロペシア、ザガーロとミノキシジルは、それぞれ何が違うのでしょうか?

ザガーロとプロペシアの違い

プロペシアは5αリダクターゼ阻害薬に分類される医薬品ですので、5αリダクターゼの働きを阻害するという基本的な作用機序はザガーロとほぼ同じです。
ただ、完全に同一というわけではありません。
5αリダクターゼには、分布する場所によってⅠ型とⅡ型に分けられます。
このうちAGAの発症に大きく関わる、すなわちジヒドロテストステロンへと変化しやすいのは、側頭部や後頭部に分布しているⅡ型です。
プロペシアはこの5αリダクターゼⅡ型のみに作用し、AGAの進行を遅らせます。
対してザガーロは、Ⅱ型に加えて前頭部や頭頂部に分布しているⅠ型にも同様に作用する為、プロペシアよりも強いジヒドロテストステロンの生成抑制効果が期待できます。
この違いから、プロペシアを服用しても満足な改善効果が得られなかった場合に、ザガーロが処方されるというケースが多いようです。

ザガーロとミノキシジル配合医薬品の違い

ザガーロとミノキシジル配合医薬品とでは、根本的な作用機序が異なります。
ザガーロの有効成分デュタステリドがジヒドロテストステロンの生成を抑制することでAGAの進行を遅らせる成分であるのに対し、ミノキシジルは毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させることで発毛を促す成分です。
髪の毛の成長因子を増やすのと同時に、血管を拡張させて血液を頭皮へ送り込み、丈夫な髪の毛が生えてくる頭皮環境を整えてくれます。
内服薬よりも外用薬の方が広く知られており、配合されている成分濃度が低いものであれば市販品として購入することも可能です。
ミノキシジルを配合した外用薬と内服薬であるザガーロは併用ができますので、より高い治療効果を得る為に併せて購入する方が増えてきています。


PAGE UP

ようこそ、ゲストさん

製品カテゴリー
ヘルプ&ガイド
その他